【フィリピン】マリンスポーツを楽しむならスービックへ行け!

スービック情報

フィリピンと言えば、海。
マリンスポーツを楽しみたいという方もいるでしょう。

フィリピンではマリンスポーツに掛かる費用は、日本よりも比較的安価。
しかも、ジェットスキーはライセンスなしで乗れます。

では、どこでマリンスポーツをするべきか。

実は、穴場があるんです。
日本人が少なく、のんびりと楽しめるような場所が。

そこで今回は、マリンスポーツの穴場をご紹介します。

マリンスポーツをするなら、スービックへ行け

マリンスポーツのジェットスキー

フィリピンでマリンスポーツが楽しめる場所として、知られているのはセブ。

しかし、現地のルソン島ではスービックも有名です。

場所は中部ルソンに位置しており、マニラやクラークから車でアクセス可能です。
友人塾からも1時間半程で行けます。

マリンスポーツをするなら「Networx Jet Sports」がお勧めです。

ここ一ヶ所で、様々なアクティビティが楽しめます。
以下、マリンスポーツの紹介です。

ジェットスキー

ジェットスキー
料金
3,900ペソ(1時間 最大6名まで)
2,200ペソ(30分  最大3名まで)

こちらのお店の最大の売りと言える、大人気のアクティビティ。
日本で乗る場合にはライセンスが必要ですが、なんとフィリピンでは不要。笑

最初に簡単な運転操作を習って、あとは実践あるのみ!

想像以上のスピード感で、その興奮度は120%
かなりゾクゾクします!

これは乗った人にしかわからない!

ちなみに、フルスロットにすると60km/h以上出ます。
が、コントロールを失うのでほどほどに。

たまに、カーブに失敗して海に放り出されることもあります。
それはそれで面白いので、いいかと。

二人乗りも可能です。
前も後ろもどちらも楽しめます。

海に放り出される率が高いのは、後ろです。笑

ジェットスキーを楽しむポイントですが、1時間複数名で交代して乗るのがベストです。
というのも、ジェットスキーの運転に慣れないうちはかなり腕や肩が疲れます。

まっすぐ走るだけでも余計な力が入るので、1時間も乗っていたら腕がつったりします。
楽しい反面、体力の消耗が激しいので休憩しながら無理なく乗りましょう。

パラセーリング

パラセーリング

料金
1,700ペソ(飛行時間10分)
350ペソ (ボートに同乗のみ)

パラセーリングとは、パラシュートをモーターボートに引っ張ってもらい、空を飛ぶ海上スポーツです。
凧揚げのように風を受けて上昇していきます。

離発着は、モーターボートの上で行うのでほとんど濡れることはありません。

しかし、ここはフィリピン。

斜め上を行かなきゃ面白くないということで、Networxではボートを減速して腰まで海に浸かるサービスが付いてきます。

知らずに乗ると真剣に事故だと勘違いします。
少なくとも私は勘違いして、叫びました。←

上空の高さは、ロープで調整できます。
安全のため50mとしているところが多いようです。

鳥になったような気持ちで空の散歩が楽しめます。

バナナボート

バナナボート
料金
300ペソ(15分間)
最少人数4名、最大人数10名

マリンスポーツの大定番。
何も説明する必要はないでしょう。

とにかく、モーターボートで振り回されます。
しっかり捕まっていれば、意外と海に落ちません。

ホバーボート

料金
4,950ペソ(20分間)

見た目は、スケートボートそのもの。
ただ車輪がなく、ボードの後ろから噴出される水圧によって、海面を滑ったり飛んだりできます。

海の上で、空中浮遊なんて経験もいかがでしょうか?

他にも、フライボード、クルージングなど全11種類のマリンスポーツが楽しめます。

スキューバダイビングも楽しめます!

スキューバダイビング

スービックでは、スキューバダイビングの体験もできます。

そこでお勧めなのが「Camayan Divers

スービックで有名なリゾートホテルとして知られるCamayan Beach Resort & Hotelのサービスです。

料金
4,000ペソ(3時間のうち1時間半は、ダイビングの練習)
5mまでライセンスなしで潜れます。

浅瀬でも、カクレクマノミやトロピカルな魚を見ることができます。
さらにライセンスがあれば、沈没船のある所まで潜れます。

深いほうがより多くの魚に出会えます。

【友人塾の余談】逃した魚は大きい

ジェットスキーの生駒淳選手

え?写真が逆さでアップされている?

いやいや、これで合っています。
超絶アクロバティックな技を披露するこの方は、プロジェットスキーライダーの生駒淳さんです。

世界大会でチャンピオンに輝いたこともあるワールド級の実力者
そんなすごい方がなんとスービックにいたんです。

先程、ご紹介したNetworxのオーナと友人だそうで、よく練習に来ているのだとか。

偶然にもそんな生駒さんとお会いすることが出来ました。
が、そのときは自己紹介もほどほどに普通にお話をして、おまけに荷物番までお願いするしてしまい…
激しく後悔。

あとから調べて、生駒さんがどんな方なのか知りました。

あ、写真撮り忘れた…

友人塾のオーナーもNetworxのオーナーと古くからの友人なので、まさかこんな形で出会えるとは友人の輪ってすごいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スービックはまさにマリンスポーツの聖地。

周りは、ホテルやリゾートが多いので泊り掛けでゆっくり過ごすのもお勧めです。

日本よりも費用が安く、日本人の少ないスービックでマリンスポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ